MENU

 38歳の女性、教育関係の会社員です。10年ほど前、前職(人材系)で仕事のトラブルに巻き込まれ、2ヶ月間ほどその対応に追われ、忙しさと心労で夜も眠れずストレスフルに過ごしていました。

 

 鏡をじっくり見る余裕もなく、自分では全く気づいていなかったのですが、久しぶりに美容院へ行くといつも担当してもらっていた美容師さんに「髪が細くなっているのと、地肌が荒れていらっしゃるみたいですね」と指摘されて初めて事の重大さに気づきました。まじまじと鏡を見つめると、分け目が薄くなっており地肌がうっすらと赤くなっていることに気づき、とてもショックを受けました。薄くなっていたのは、目で見える前方だけではなく、頭のてっぺんや横や後ろなど全体的で、悲しさと絶望でいっぱいでした。

 

 美容院では、地肌のケアを入念にしていただき、育毛に効き目のあるシャンプーや育毛剤について教えてもらいました。しかし一度抜けてしまった状態はなかなか良くならず、仕事のストレスと薄毛のストレスでさらに悪循環になっていたような気がします。それからは人目が非常に気になり、上の方に視線が行くと薄毛を見られているのではないかとビクビクしていました。

 

 仕事以外で出かける際には、帽子が手放せなくなり、薄毛隠しに必死になっていました。分け目を変えたり、薄毛が目立ちにくい髪型にしたりと頑張ってみましたが、髪の毛に関しては常にコンプレックスがつきまといます。育毛剤は効くと噂になったものは10種類以上試しましたし、パントガールと言う飲み薬も処方していただいたりしました。

 

 葉酸が効くと聞けばサプリを飲み、適度な運動が良いと聞いてジョギングしたりなどもしています。また、シャンプーやリンスも無添加で負担の少ないものを色々と試していますが、なかなか目に見えた効果は感じられず、未だに薄毛は治っていません。個人で完全な治療を目指すには、かなりハードルが高いと感じており諦めモードになっています。

 

 普段は薄毛を目立たなくするため、一般的に「ふりかけ」と呼ばれる黒い粉を頭にかけてごまかしています。好きな髪型にもチャレンジ出来なくなりましたし、美容院へ行くのも恥ずかしくて億劫です。最近になって薄毛治療が広まり、手頃なお値段での治療が可能となってきていますので、機会があれば専門外来での薄毛治療を利用してみたいと考えています。

 

 薄毛の悩みは10年以上の付き合いになります。この悩みから早く解放される日が来ることを心から願っています。